⓲ドキドキするフレンチ

ベッドで寝る位置はJUNが壁側・RINAは通路側と決まっていたのですが、今回初めて交代してみようということになったら、不慣れな環境でだぁ~っとヨダレが出てしまったRINAです。


オネショじゃなくて良かった!

--------------------------------------------

そんな私達も、18回目の結婚記念日を迎えました。

(私事になります、興味のない方はスルーして下さいね。)


当初の「記念日にはお洒落をしてお食事に行く」を有言実行。

ちょうど東京にいたので、サッと調べてビビッときた完全予約制のフレンチレストランを選びました。


そのレストランはどうだったか?と聞かれたら、とっさに楽しかった!と答えてしまうかもしれません。

アトラクション的、体験型、そしてバックカントリー要素がたくさん詰まった地下都市の隠家。


テーブルには手書きのメッセージが添えられ、いきなり好感度良好。


そしてお楽しみは最初から。

これから流行ると思われますというイギリスのドリンクが注がれたのは、左右非対称な形のワイングラス。飲む方向で味が変わるのだとか。私ははだかの王様ではないので、よくわかりませんが。

手前のブラッドオレンジが注がれたグラスは、今にも転びそう。初めから斜めなんです。グラスを傾けるのが少しだけで飲めるといったメリットはありますね。


1品目は食べる食前酒的な・・・メロンをグラニテのような感覚でいただきますが、口に入れるとパチパチと弾けて踊り出すのです!正体不明ですが(スペインのなんちゃら・・)、雪に例えると、まるでアラレがバチバチ顔に当たって痛い←これが口の中で起きている。


2品目はこちら。私の大好きなソース♥

生のアジサイは食べられません。


3品目

「添えられたスコップで掘ってお召し上がりください」

なにー!スコップですってぇ。

バックカントリーでなくても、スコップが必要な時があるんですね。この皿の全ての花が食べられます。


そして4品目はシチリアの豚さんが登場します。が、その前にマイナス196度?に冷やされ