谷川連峰最高峰 仙ノ倉山大滑走

更新日:2021年2月16日

谷川連峰の最高峰と言えば200名山の仙ノ倉山。


アルパインエリアだけに、風の影響を受けて山頂付近はバキバキだけど、西俣沢の日影斜面はパウダーだった~!


沈降して締まったパウダーだけど、パウダーはパウダーだ(笑)


V字谷の急斜面からでっかいパイプ状でメローな斜面に入る。

まるでスキー場の様だ。


※一ノ倉岳付近から撮影/V字の谷が西俣沢源頭だ


日影のノリ面を、当て込みを楽しみながら滑走し、毛渡沢(けどさわ)へと合流。


群大ヒュッテから先は、西ゼンからの踏み跡をあてにしたけど、まさか仙ノ倉山からの我々の方が早いとは(笑)



下山後のコカ・コーラーは格別だった~!



2月19日・20日・21日は晴天のパウダーコンディション。


まだまだ空きありますよ!

ご予約お待ちしています!



閲覧数:347回0件のコメント