美味しい物とコーヒーと常念山脈

最終更新: 8月12日

「給料」と書こうとするとだいたい「給食」ってかいてしまうRINAです。


給食、大好きでした!


ーーーーーーーーーーーーーーー

今回の個人ガイドは、できるだけ美味しい物を食べながらおまけにバックカントリーの訓練ができるというニーズにお応えして、常念山脈縦走4日間ののんびり贅沢旅です。


最後のご褒美企画もあるので、私も楽しみ!


day1

今シーズン初の穂高駅駐車場、以前はバス停がありましたが、今年は駅前に変わっています。


バス発車直前に、車に忘れ物を取りに行きたいと言っていた登山者はアウトでした。相当ガッカリしてたな。


そうそう、駐車場隣はトマト畑。あまりの多さに目を疑った。



それでは中房温泉から登山スタートです。

合戦尾根からまず1つ目の目的スイカが見えてきました。



ゲストはスイカが大好きなんですって。念願叶って良かったね!


そして私のスイカが横取りされてるー!でも寛大な私はちょっとだけ許してあげました。


暑いと尚更美味しいよね!



ガスが湧いてきた時、巨大カマキリがいた。



さて次のゲストの目的はイルカ岩。ちゃんと予習してきて偉い!



高所恐怖症のゲストは、燕岳山頂に着くや否やもう下りたいって。過去1番空いていたピークでした。


初めての雷鳥も見れてご満悦。

雷鳥のセクシーな呟きが聴けます。

https://youtu.be/W2tXLmUr8ig


燕山荘に戻り今日はここまで。なんせ普段登山をしない人が2度目のアルプスで4日間も歩くのですから、1日目は軽めにね。



でもスイーツとコーヒーはガッツリご褒美いただきます♡


私は苺ミルクを初体験しました。飲み物ではなく巨大苺と牛乳でしたね。


暇なんで、テラスで夕陽を見ながらコーヒー沢山頂いちゃいました。流石に夜トイレが近かった^^;



day2

もちろん美味しいコーヒーをテラスで頂いてからの出発。

立山連峰がとても綺麗だ!


蛙岩(げいろいわ)と槍ヶ岳。


そして今日の核心部切通し岩。


私からしたらなんて事のない場所でもゲストにとっては必死です!


そして順調に大天井岳へ。


大天荘への登り数百メートルでへばる人が多いのですが、ガイドマジックにバッチリハマって?良い感じですね〜。

そしてよく喋る!会話を楽しめる程度のスピードで歩くのが秘訣です。

会話の内容は、人生3回どん底に落とされた話でした。笑


人生はどん底があるから這い上がれるのだ!


その後本日のメインディッシュ大天荘のインディアンランチです♪

予想を遥かに上回る美味しさ。チャイも絶妙〜。これで1500円はコスパ高いです。

午後も頑張るよー!


常念小屋にチェックインし、ドリップ中のコーヒーを待っていると、つい今まで小屋の玄関前に熊が居座っていたという。

外のテラスで美味しくコーヒーをいただいていると、いたいた!黒い小熊。

やっぱり食べ物の匂いがするのかな。



↑中央左下


常念小屋でのコロナ対策アピール度は凄いです。

食堂では防護服調の物を着用していて、ご飯や味噌汁も全て盛り付けて配膳されています。

自由に飲める談話室のお茶は湯飲みのサービスがないので、コップを持参する必要があります。


夜は久しぶりにというか、今までで一番眠れなかったかも。いつでもどこでも寝れるのが自慢なのに。

私が失態をおかしたからか⁉︎笑

大変申し訳ございません。


day3

もちろん淹れたてのモーニングコーヒーを頂いてから。常念岳までまあまあ急登です。


ゆっくり時間をかけて登ったおかげで、体力的には大丈夫そうなのですが、ここで予想していなかった展開に。。


せっかく登った常念岳のピークですが、とっとと下りたいと始まり、まさかあっちへ行くんじゃないよね?とビビリが入る。


あれ?常念岳のピークってそんな断崖絶壁だったっけ??笑

ここ駄目ですか?


今までずーっと喋りまくっていたゲストの顔が急に引きつり、そして静かになった。


ので、ピークの写真は控えておきます。



ここからは長い下り。下りが終わればまた長い登り。テンション低くなっちゃったけどどうしたもんかなーと考えていると、そこに天使が現れ(若くてかわいい女子が通る)挨拶を交わし、突然ハイテンションに!!

こんにちはのトーンが非常に高い。明らかに差別だ(笑)。


まあとりあえずやる気を出してくれたようなので良しとしよう!


本日の教訓。

目の保養は大切。


蝶槍でもあと1歩なのに登ってきませんでしたね。思わず見下ろしてしまいました。笑



蝶ヶ岳ヒュッテではカフェラテを注文した。出てくるまでにとても時間がかかり、すごいカフェオレなのだろうと想像するのが楽しかった。


さあ、これまでの絶景の稜線歩きも終わり、いよいよ下山です。徳沢園を目指して頑張ろう!


コースタイムで約3時間の下りですが、あと1kmの表示を通過してかれこれ40分。若くてかわいい女子でもすれ違えば足取りも軽くなるのでしょうね。


しばらくして私にとってもご褒美である本日の宿徳沢園到着〜!


素敵すぎる…


とりあえず定番のソフトクリームで乾杯!

左のコーヒーソフトは、ソフトクリームにプラス50円でコーヒーが注がれていてお得感満載でした。


手作り料理も大変美味しく、特にチーズとステーキが最高♡



お上りさんみたいに我を忘れてはしゃぎ過ぎました^^;

これは勤務外(笑)。



私の山のステイルだと徳沢は通過点でしかないのですが、ちょっとゆとりをもって山の贅沢を楽しむのも最高ですね❤︎


久しぶりにぐっすり眠れました!


day4

我に返り、本日は上高地まで2時間弱の行程。

しかしながらこれまたご褒美セットにする為にわざわざ予約していたバスの時間を遅らせ、五千尺ホテルのケーキセットでしめました。


もはや縦走していたのは遠い昔の話、いつの間にかグルメツアーになっていました(笑)。


今回はあまり登山をされないゲストで、もっと滅茶苦茶にしてやりたかったのに、意外と強くて正直驚きました。

アミノ酸サプリとYouTubeトレーニングのお陰かな?


個人的には

1位 アミノ酸

2位 ガイドマジック

3位 ご褒美

のせいだと思っています。笑


本当にお疲れ様でした。

ありがとう〜〜〜!!!




RINA






178回の閲覧
JUNRINA mountain service
WINTER OFFICE 新潟県南魚沼郡湯沢町かぐらスキー場みつまたステーション内バス停横
TEL 090-2430-5806  HP https://junrina.com 

© 2017 by JUNRINA mountain service. Proudly created with Wix.com