ターンの限界か

カウントダウン始めました。

ブログ残9

頑張れRINA


そしてブログをアップする前に、今日のゲストは2回目のツアーにもう来ちゃった。


------------------------------------------

昨日はBCデビューにしては過酷な深さだと感じていましたが(経験者はこの深さを楽しめる)、本日はそれをさらに上回る、スタックせずにターンが可能な限界値に達した様です。

ここ数日はマイルドな風なので、雪の密度が低く沈みます。


滑走道具や技術経験にも違いがありますが、これ以上の深さは胸焼けしそうなので、次の日はJUNRINA全てのツアーが中止となりました。


というわけで、昨日は膝下ラッセルでしたが、今日は膝上ラッセル。深いところでは太ももラッセル。間違いなく今シーズン1番深い(とその時は思っていた)。


深いので遠出はできません。

ゲストはスプリットボードでスキーより短いし体重差もあるので、私の後ろでも沈む。体力を奪われます。


昼頃ゲレンデに戻ると、貸切のように人が少ない。

なぜならゴンドラが故障か何かで止まってしまったとか。

それで、朝一で登ってきた人だけがかぐらエリアに残っていて、ゴンドラに乗り遅れた人々はみつまたエリアに留まっているという状況。


レストランは12時過ぎから13時過ぎまで、なんと私達のみ!

静かすぎて変でした。

人がいなさすぎてゲレンデパウダーも残っている。

誰も入っていない場所はスタックするのでみんな敬遠しちゃいます。


いや~、すごい1日でした!



2番目ラッセルお疲れ様でした!


RINA

閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示