シーズンインぎりぎり立山

最終更新: 2018年11月28日

ポテトチップスは湖池屋うすしお派のRINAです。のりしおではないんですよねぇ!


---------------------------------------

立山バックカントリーガイドが催行できるのか、できないのか・・・?

直前まで降らなかった雪には本当に悩まされましたが、降雪予報50~60cmに期待して、お客様とシーズンインすることに決定!


・・・した後も、心配でしょうがない。全く精神的に不安定(笑)。それでも1人ではなく、JUNとRINAでやっているだけまだマシかな。なんとなく根拠のないポジティブさで励まし合えるから(笑)。


★day1

前日入りした私達は、起床後積雪観察に。10~15cmの旧雪に新雪が載り、積雪深は40~80cmぐらいです。

新しい雪。早く滑りたい~!ってことで、1本だけ雷鳥荘前を滑ってから、お客様をお迎えに行きました。


天気は回復傾向ではありますがガスもあり、初滑り初日ですし移動日ということもあって、滑りよりも道具やビーコンの確認などに時間をとろうと思っていたのですが・・・


あれっ、早くに晴れてきちゃった!


視界があるなら滑りたい!とソワソワ。


そんなわけで、しっかりと滑りを楽しむツアーとなったのでした。


←1本目からいきなり攻めすぎでは?笑








久々に見る雪の結晶、いいですね~!




すっごく楽しくて気持ち良いのですが、その代償も大きい・・・・雪の下には見え隠れしている岩が無数にあり、とにかく怪我だけはしないように!板は傷つけてもいいです(笑)。



目一杯遊んで、哀愁漂う夕方になりました。

登り返して温泉です。

無事に1日目の初滑りを終えられたことに感謝しつつ、夜は雷鳥荘で健全に談笑してゆっくり休みました。


day2

朝から快晴で~す!

まだ雄山主峰から朝日が昇る前に出発。当然ファーストトラックを目指して!


アーリーコンディションで様々なリスクがあることから、本日はパーティを分けずにみんなで行動することにしました。


取り急ぎ、1本!


みんなの笑顔!


それから、「オレも撮って撮って~!」のJUN!


数回登り返して、満喫しました。

というか、もうすでに皆さん完全燃焼。

早めに雷鳥荘へ戻り、2泊3日の強みでもあるゆっくり贅沢な時間の使い方~!


北日本新聞の取材なんかもありました。










夜は風の音がガタガタうるさかったけれど、眠れましたか?

(私は問答無用です)


day3

昨日までに怪我なく完全燃焼したので、本日は美味しいお茶をして解散ということになりました。

まずお世話になった雷鳥荘の前で、今シーズンも春から秋まで、本当にお世話になりました!


室堂までの道は岩が露出しているところもあったりで、スキー・スノーボードはバックパックに装着しての出発です。



室堂ライブカメラに映るべく、その場所で記念撮影。

その数分後にライブカメラ。うじゃうじゃ人が溜まっているのが私達。



喫茶りんどうでは、もちろん直径13cmのダムシフォンを1人1個!

素晴らしくダム決壊です。


そうそう、ご存知でしたか?

アルペンルートHPのトップページにあるスライド動画の中に、JUNRINAツアーの一幕があるんですよ!それはアナタかも!ぜひチェックしてみて下さい。(先頭はJUNです)



これで渋くも楽しいシーズンイン!はお開きとなります。

このような小雪の中で、楽しむ気持ちを異常に持ち合わせたお客様に本当に助けられました。そして怪我なく行動していただき、本当に感謝でいっぱいです。

ただ板にはケガさせてしまいました。ゴメンナサイ。


18-19シーズンが皆様にとって素晴らしい銀世界になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

そして笑顔で沢山の方とお会いできることを楽しみにしております。


JUNRINAより

JUNRINA mountain service
WINTER OFFICE 新潟県南魚沼郡湯沢町かぐらスキー場みつまたステーション内バス停横
TEL 090-2430-5806  HP https://junrina.com 

© 2017 by JUNRINA mountain service. Proudly created with Wix.com