ちょっと静かな裏銀座(後半)

day3

基本的にいつでもどこでも寝られるRINAですが、昨夜は寝付きも悪くこんなに眠れないテント泊は初めてでした。どんなに酷い雷雨でも、一晩でテントが埋まってしまう大雪でも、隣りで破れそうなほど大きないびきをかいていようと、6000mあろうと・・・


やはりテントが加水分解していたからか?


スマホの電源は切っていたので、SUUNTOの時計のアラームで目を覚ます(寝れてるじゃん!)。腕時計の有難味を感じる。

全てをスマホに頼っては危険だということ。


双六を出発し西鎌尾根を進んでいく。

直下まで来ても槍ヶ岳は全然見えない(笑)。

スマホのバッテリー節約のために写真は極力少なくしているのに、しょーもない写真だ(~_~;)


とりあえず槍ヶ岳山荘で20分100円×2で充電させていただきました。標高が高い分?、充電代も3倍高いですが仕方ないです。させてもらえるだけ有難や。


この白ペンキも眩しい。今年塗り替えてくれたのかな?